INFORMATION

もしもクラックを補修しなかったら?

みなさんこんにちは!

 

フロントスタッフのレイナ(‘ω’)ノ

 

いきなりですが、みなさんに問題です!

もし、クラックを補修しなかったらどうなるでしょうか??

 

正解は―――—!!

 

雨漏れの原因になるのと爆裂現象にもなる

可能性があるのです(;゚д゚)

 

雨漏れは1mm以上のクラックがあると雨漏れの原因となります。。。

 

もし雨漏れを放っておくと・・・

 

大変なことになってしまいま―――――す(+_+)

屋根から天井裏をつたって部屋の中に雨漏れをしているのなら、

天井裏はカビだらけでしょう・・・

 

水分が壁をつたうと壁紙の隙間にも水分が侵入してきて、

その間にもカビが生えてきます。

また、壁の内部の断熱材と壁紙そのものが水分を吸って、

表面にもカビが生えてきどんどん黒ずんできてしまい、

断熱材は傷んで効果がなくなってしまうでしょう。

 

さらにさらに、湿気が多ければシロアリの発生が高くなります・・・

 

次に爆裂現象とはなに?と思ったからもいらっしゃるかも

しれません!

フロントレイナが説明しましょう~(๑•̀д•́๑)キリッ

先輩スタッフに教えてもらったことなのですがね~

 

爆裂現象とは、クラック『亀裂』・『ひび割れ』を放置して

おくと、中性化によってアルカリ性が失われ、

鉄筋が錆、さらに進行すると

錆が膨大して、やがて周囲のコンクリートが剥がれ落ちてしまいます。

この現象を爆裂現象といいます。

 

イラストで説明しましょう~

ここで爆裂現象がおきた写真をみてみましょう❕

 

爆裂現象をそのままにしておくと爆裂現象の範囲が広がり

補修が大変になるのです。

 

みなさん!よく覚えておきましょう!

クラックを放置すると、大変なことになるのです!

 

当社ではクラックの補修をしており、『注入ドーム工法』という

クラック補修を行っています。

 

この工法は国土交通省の公認工法なのです(*^∀゚)ъ

それでは、注入ドーム工法の手順を見てみましょう❕

 

STEP①:クラックの幅を測ります。

STEP②:クラック表面を掃除します!

STEP③:注入ドームプレイトを設置します!

STEP④:シール樹脂を接着します!

 

STEP⑤:エポキシ樹脂を注入します!

 

STEP⑥:クラックの補修が完了しました!

 

このようにクラックを補修します!

 

クラックの補修も是非クラシオ(株)にお任せください!

 

 

シロアリ点検・駆除・予防工事・リフォーム・断熱工事・クラック補修など

家のことでお困りごとがありましたらぜひクラシオ㈱まで

お問い合わせください(#^.^#)

フリーダイヤル 0120-642-797(ムシニ ナクナ)と覚えてくださいね!(^^)!

 

  1. 2020.07.10

    シロアリ防除の薬剤についての動画を公開しました!

  2. 2020.07.03

    イエシロアリについての動画を投稿しました!

  3. 2020.06.27

    ネットで点検予約ができるようになりました!!

  4. 2020.06.26

    ヤマトシロアリについての動画を投稿しました!

  5. 2020.06.19

    クレンゼキットの動画を公開しました!