INFORMATION

くまもと経済の「週間経済」に掲載されました!

こんにちは!クラシオの明石です!

この度、熊本の経済情報誌、くまもと経済の「週間経済」に弊社で

販売している空気清浄機が掲載されました!

 

以下、くまもと経済「週間経済」 No.2105号より引用

紫外線照射ランプ搭載の空気清浄機の九州代理店に
クラシオ 医療機関向けコロナ対策補助事業対象商品

防蟻、害獣防除や家屋の改修·改善工事業のクラシオ㈱(熊本市東区健軍4丁目、瀬倉将司社長)は10月、紫外線照射ランプ搭載の空気清浄機の九州代理店として、同製品の販売を開始した。

同製品は、㈱中部テクノ(名古屋市)が紫外線(UVC)を照射する米国·ステリルエア社製のランプを搭載して製品化した「UVCエアステリライザー」。
同ランプは、強力な紫外線を照射することでカビやウイルスなどのRNAやDNAに直接ダメージを与え不活化し、空気清浄も行うといい、次亜塩素酸方式やオソン方式と比べ匂いがなく、また金属腐食リスクもないという。
またフィルターを使わないため、日常的なメンテナンスが無く、年に1回程度のランプ交換で済むため、交換時にウイルスに触れるリスクもないのが特徴。
一般財団法人北里環境科学センターが行った効果検証試験では浮遊するウイルス,菌·カビを99%以上減少させた試験報告書が出されている。

製品は3種類で、36畳用が税別35万円(高さ1.1m、幅45cm、奥行き30cm)、72畳用が同68万円、110畳用が同86万円。
交換用ランプはそれぞれ税別で3万5千円、6万8千円、8万6千円。

瀬倉社長は「米国·ステリルエア社製のランプは、ホワイトハウスやペンタゴンで使用され、同製品は中部国際空港セントレアでも導入、熊本では先日、とうや病院通所リハビリセンターさんやBAR HIRONOSUKEさん、ADCさんなどに納品させていただいた。窓がなく換気出来ない環境下においても空気は約1時間で手術室と同等以上に浄化される。特に、医療機関などは、現在実施されている厚労省のコロナ対策補助事業『医療機関·薬局等における感染拡大防止等支援事業』の対象商品になるので、お勧めしたい。2次代理店さんも募集中」と話している。

同社は1957年10月の設立で、2017年4月、瀬倉白蟻工業所から社名変更している。
役員は3人、社員は18人。

 


製品(中央)と瀬倉社長(左)

 

 

  1. 2021.01.22

    1月号【クラシオ通信】・【クラシオだより】

  2. 2021.01.14

    くまもと経済の「週間経済」に掲載されました!

  3. 2021.01.08

    新年のご挨拶・お年玉プレゼント企画!

  4. 2020.12.28

    年末ご挨拶の動画を公開しました!

  5. 2020.12.28

    年末年始休業日のお知らせ